キビキノ歯科医院では、歯内療法に力を入れています。保険診療でも唾液が侵入しやすい場所の治療の際は必ずラバーダム(唾液の侵入を予防するゴムのマスク)を用います。また必要があれば拡大鏡等を用いて治療を行っています。どんなに高価な被せ物をかぶせても土台である歯根の状態が良くなければ長持ちしません。具体的にどんな治療をしているか、これから時間があるときに紹介していきます。
  • 破折器具除去です。歯内療法で使う器具は破折して根管内に取り残されてしまうことがあります。これは、どれだけ気を使っても起きてしまうことなのでしょうがないことです。根管内が清潔であれば、そのまま封鎖してしまっても問題がおきずにすむことも、、、。ただし、違和感や痛みがある場合、折れた器具が病因になってしまった場合は話が別です。除去ができなければ器具を含んだ歯根を外科的に切除するか、その歯を抜いてしまうかといった選択肢になってしまいます。除去ができればそんな心配はしなくてすみます。というわけで、除去の一例です。