キビキノ歯科医院

ネジ屋の見分け方

先日、インプラント植立したいばっかりに、アコギなことしてる人をネジ屋(詳しくはこちら。)と呼ぶことにしたと言いましたが、そういう人たちの見分け方を書いときます。専門医だからといって安心はできません、ネジ屋もいるようです。

一般的に歯を抜かなければならない理由は、大きく分けて
1.重度の歯周病により歯を支える骨がなくなったもの。
2.
歯根の周りに病気(一部のエプーリス、含歯性囊胞、エナメル上皮腫等)があり抜歯をして治療しなければならないもの。
3.
虫歯が深く歯茎の下まで進行したもの。
4.
歯が割れてしまったもの。

です。ただ、残せる可能性もあります。(詳しくはこちら

それ以外の理由で歯を抜かなければならないという人は、信用しないほうがいいかもしれません。

当院に相談にいらっしゃった患者さんから聞いた手口を幾つか紹介しておきます。
まず、
歯を抜く理由に正当性が無い。(これ非常に多いです。)

先生の診察なしに、歯を抜かなければならないとスタッフに言われた。(せめて診察しませうよ。)

先生による診察、検査等されていないのにインプラントありきで話をされ、見積書まで持ってくる。(これは、何なんやろうね。もう、金儲けのことしか頭に無いんかね。)

根尖病巣(根っこの先の病気)がある歯を、治療もせずに抜かなければならないという。

変だなと思って先生に質問すると不機嫌になる、もしくは怒る。

上記の場合まず間違いなく「ネジ屋」です。

では、ネジ屋ではなくちゃんと患者さんのことを考えてくれている先生とはどういった先生でしょう?

しっかりとした診査診断、検査を行い口腔内の環境を整え維持できる体制をつくってからインプラントの埋入を行う。埋入後のリスク、起きうる問題に対しての説明を行いリカバリーする技術がある。必ずメンテナンスを行なっていく。メンテンナンス中に問題が起きた場合は、それに対する処置を行う。こちらの質問に納得いくまできちんと答えてくれるる。そしてこれが一番大事、『愛』がある。

いい先生探しませう。