キビキノ歯科医院

歯髄の保護

ダイレクトボンディング、歯髄温存療法

虫歯の治療(歯髄温存療法)
すべての感染資質を取り除いた場合に露髄を起こす可能性が高いため、歯髄に近い感染歯質を一部残しその部分を薬剤で無菌化し歯髄を保護する治療法です。
続きを読む

ダイレクトボンディング、間接覆髄法含む

虫歯の治療(ダイレクトボンディング、間接覆髄法含む)
口腔内で病的部位を除去し直接修復する治療です。続きを読む

MI(ミニマルインターベーション)

当院ではミニマル・インターベンション(MI:最小限の侵襲)という考え方に基づいた治療を行なっています。続きを読む

歯髄の保護

できるだけ歯の神経は取らずにすむならそれに越したことはないのです。
なので、守るために最大限の努力をします。
もしどうしても、取らなければならなくなったら感染予防や処置をしっかりすることがとても大事です。ここで、大きな差がつきます。
続きを読む