歯内療法

歯内療法へのこだわり

歯内療法とは、一般的に歯の根の治療や神経の治療といわれているものです。

この治療は、
根管内をいかに清潔にするかが予後に大きく関わってきます。感染源をできるだけ取り除き、再度感染させない、特に唾液の中には細菌がうようよいるので唾液を中に入れないということが大事になってきます。というわけで、キビキノ歯科医院では、保険診療でも唾液が侵入しやすい場所の治療の際は必ずラバーダム(唾液の侵入を予防するゴムのマスク)を用いますし、また必要があれば拡大鏡等を用いて治療を行っています。

歯内療法はアメリカなどでは一本10万円以上の治療費を請求されます。平均年収が50万円弱のフィリピンでも7万円程かかるそうです。その為、お金がないために抜歯を選択せざる得ないことが多いようです。翻って日本では、保険制度で金額が決められており1/10程度の金額に治療費が抑えられています。その中できちんとした治療をしようとすると超不採算部門です。
国がボランティアどころかお金を払って治療をせよと強要しています。ぶっちゃけ、2回目以降は30分につき3,000~5000円ほどの赤字になる計算です。できるだけ、時間とコストを掛けずに終わらせたいというのが本音じゃないでしょうか。

ではなぜ、赤字になりながらも歯内療法にこだわるのか?

一つは、患者さんに残念な思いをさせたくないし、自分自身も残念な思いをしたくないという気持ちから。(建て前)
一つは、家でいったら基礎工事、とっても大事なところだから。(建て前)
一つは、他の歯科医、海外の歯科医になめられたくないし自分に言い訳したくないから。(矜持)
じつは、面白いから趣味で、、、、、。(けっこう本音(笑))
趣味ならお金払ってやるの当たり前だもんねと言い聞かせています(笑)。
何度やっても腫れてくる、痛みが取れないなどなど。そういった患者さんが転院して来た時、「よっしゃ、やったろやないかい!」とモチベーションが上がるのは内緒です。

半分冗談みたいな本当の話です。
保険外(自費)でも歯内療法を行なっています。
保険で行うと数万円の赤字になるので自費になります。
どんな治療か興味がある人は
 『こちら』 

マイクロモーター

キビキノ歯科のエンドモーター

A-DEC
のユニットにNSK の NLX plus ってぇのを組み込んで使ってます。エンドモードがありトルクコントローラー付で最低回転数100~最大回転数40000。エンドモードは11116の減速まで対応してくれる懐の深さ。

うちは、NITIロータリーとSAFを使うので注水のオン、オフ、エアのオン、オフ、水量までコントロールできるこのモーターは本当に必須です。

普通低回転側ってせいぜい1000とか2000なのですがこいつは100。しかも、ユニットに組み込める。わざわざ減速の高価なハンドピースを用意したり、エンド専用モーター買ったりしなくて済みます。

エンド専用のモーターって汎用性に劣るんです。注水できないものがほとんどですし、、、。

でも、NLX plus NLZっていう後継にあたるモーターが出たため生産中止してます。
現在同様の機能をもったモーターは国内では手に入らないと思います。(もし知ってたら教えてください)


NLZのエンドモードつき(NLZ E)は、モーターのサイズが小さくなってレシプロモードも搭載して素敵に進化してます。

でも、日本では発売されていません。

SAF,NITIロータリーを使えて、普通のコントラも使える汎用性がとても高いこのモーターがなければ、同じことするのに
SAF
専用モーター エンド用モーター コントラ用モーター 
3種類用意しなきゃなりません。

でも、このモーターさえあれば将来的にSAF使ってみようとかNITIロータリー使おうと思っている人が最初に導入しとけばあとで追加投資なしでいけるのですよ。

後輩とか同級生にどれがいい?って相談された時これいいんやけどなってススメたくてもススメれないジレンマ。

SAF(Self Adjusting File system)

歯の根っこの先や、虫歯によって神経が死んでしまったり腐ってしまったりもしくは一度そういった治療を行ったけれど根が病気になってしまった時に行うのが根管治療(歯内療法)と言います。
歯内療法の基本がわかっていたのなら、現時点で最善と考えられる方法なのではないかと思っています。
続きを読む