キビキノ歯科医院

院長の独り言(怒)

今回は、しっかりとした診断や処置をされている先生には特には関係のない話です。

不必要な抜歯を勧め、インプラントにしようとアコギなことをやってる先生に対しての怒りの話です。今後、こういう人のことをネジ屋と呼ぶことにします。

うちでは、インプラントをススメていないため
「他院で抜いてインプラントにするしか無いと言われた、本当にどうしようもないか相談したい。」
という患者さんが、ぼちぼち来られます。抜かざるを得ない場合もありますが、抜いたあとに親知らずの移植や矯正など他の選択肢があるにもかかわらず、いきなりインプラントを勧められている方も多いようです。がこれは、まだ百歩譲って許しませう。勉強されておらず知識がない方では説明できないですからね。
(あら嫌味なんか言っちゃったわ。駄目ねぇ。お行儀が悪いわ。)

そういった方には、ウチではできない事も含めてどういった治療法があるかということを利点欠点を含めて説明させてもらっています。

ただし、許せないことをされている方も時おりいらっしゃいます。
一つは、抜くしかないねと説明し抜いてと言わせたいのか痛みを取るための処置をしていないと思われる場合。
も一つは、抜く必要のない歯を抜かなければならないと言っている場合。

こういった患者さんは多くの場合、根尖性歯周炎になっています。歯の根っこの先が化膿してしまっている病気です。急性化するとかなり強い痛みが出ます。腫れを伴う場合もあります。応急処置として膿を抜いてあげれば、多くの場合痛みはすぐ和らぎます。

通常の治療方法は、根の中の感染源を取り除き清潔な状態にすれば治ることが多いものです。それでも治らない難治性なら外科もしくは意図的再植をおこなう。それでも駄目なら抜歯というのが治療の流れです。抜く前にやれることが結構あります。

がしかし、抜いてインプラントしかないと言われ、必要な処置をされず痛みを我慢させられ続けている方や、時々痛みがあると伝えたらろくに診査もせずに抜いてインプラントしかないと言われた方などなど、、、、。

ちゃんとした診断、処置もせずに
あまつさえ痛みを人質に歯を抜かなければならないとせまるなんて言語道断です。お金のためにどうにかして歯を抜いてインプラントにしようという思惑が透けて見えます。これは、人の道を踏み外してしまっていないでしょうか?

のある仕事しませうよ。