キビキノ歯科医院

歯髄の保護

歯の神経を残す。

治療に当たり歯髄(歯の神経)を極力残す事を最大の目標としています。
通常であれば、抜髄しなければいけないような虫歯でもAIPC(保険適用)という方法やドッグベストセメント療法という治療を行うことで保存できる可能性は高くなります。また、歯髄が露出した場合や露出してしまっている場合は、感染した歯髄の除去を行い覆髄剤(水酸化カルシウムやMTAセメント)を使うことで部分的に保存することもできます。(保険と自由診療で支える材料が変わります。)

歯髄をとってしまう事により下記のようなデメリットが有ります。
・痛みを感じる事が無くなるので虫歯が極度に進行しても気付かない。
・歯髄をとってしまう事により、歯根(歯の根っこ)の先に病気が出来てしまうことがある。
・歯根の治療後の治療法の選択によっては、破折の危険性が高くなる。歯根が破折すると、抜歯になる可能性が高くなる。

このような事があるため、歯髄は極力残します。もし歯髄をとる事になっても、定期的なメンテナンスや適切な治療法の選択によって上記のリスクは少なくする事が出来ます。