キビキノ歯科医院

マイクロモーター

キビキノ歯科のエンドモーター

A-DEC
のユニットにNSK の NLX plus ってぇのを組み込んで使ってます。エンドモードがありトルクコントローラー付で最低回転数100~最大回転数40000。エンドモードは11116の減速まで対応してくれる懐の深さ。

うちは、NITIロータリーとSAFを使うので注水のオン、オフ、エアのオン、オフ、水量までコントロールできるこのモーターは本当に必須です。

普通低回転側ってせいぜい1000とか2000なのですがこいつは100。しかも、ユニットに組み込める。わざわざ減速の高価なハンドピースを用意したり、エンド専用モーター買ったりしなくて済みます。

エンド専用のモーターって汎用性に劣るんです。注水できないものがほとんどですし、、、。

でも、NLX plus NLZっていう後継にあたるモーターが出たため生産中止してます。
現在同様の機能をもったモーターは国内では手に入らないと思います。(もし知ってたら教えてください)


NLZのエンドモードつき(NLZ E)は、モーターのサイズが小さくなってレシプロモードも搭載して素敵に進化してます。

でも、日本では発売されていません。

SAF,NITIロータリーを使えて、普通のコントラも使える汎用性がとても高いこのモーターがなければ、同じことするのに
SAF
専用モーター エンド用モーター コントラ用モーター 
3種類用意しなきゃなりません。

でも、このモーターさえあれば将来的にSAF使ってみようとかNITIロータリー使おうと思っている人が最初に導入しとけばあとで追加投資なしでいけるのですよ。

後輩とか同級生にどれがいい?って相談された時これいいんやけどなってススメたくてもススメれないジレンマ。

マイクロスコープ

拡大鏡やマイクロスコープとは

しっかりとした治療を行うにあたって大幅に時間を短縮できるものです。
裸眼で同じことをやろうとした時にはかなりの時間を要します。

   
続きを読む

歯科用マイクロスコープが歯の寿命を延ばす6つの理由ってのが気に入らない(笑)

歯科用マイクロスコープが歯の寿命を延ばす6つの理由
っていうのがちょっと検索するとすぐでてくるのだけど、ツッコミどころ満載だから突っ込んでみることにする。

続きを読む

ネジ屋の見分け方

先日、インプラント植立したいばっかりに、アコギなことしてる人をネジ屋(詳しくはこちら。)と呼ぶことにしたと言いましたが、そういう人たちの見分け方を書いときます。

  
続きを読む

コマーシャルへのアンチテーゼ

一言だけ言いたい。いや、一言ではすまない(笑)。

拡大鏡、顕微鏡(マイクロスコープ)があれば、精密な治療ができるだの、あーだの、こーだの、、、。(恐らく、殆どがコマーシャルトークだとはおもいます。(笑))


続きを読む

諦めの悪い歯医者

うちは、諦めの悪い歯医者です。

  
続きを読む

MTAセメントを使った治療

MTAセメントを使った治療を紹介します。
これらは、全て保険が使えない自費診療になりますが、より良い治療が受けたいと思われる方には最適かと思います。
注:それぞれ適用症があるので治療を希望されても不可能な場合もあります。

   
続きを読む

院長の独り言(怒)


今回は、
しっかりとした診断や処置をされている先生には特には関係のない話です。続きを読む

ダイレクトボンディング、歯髄温存療法

虫歯の治療(歯髄温存療法)
すべての感染資質を取り除いた場合に露髄を起こす可能性が高いため、歯髄に近い感染歯質を一部残しその部分を薬剤で無菌化し歯髄を保護する治療法です。
続きを読む

ダイレクトボンディング、間接覆髄法含む

虫歯の治療(ダイレクトボンディング、間接覆髄法含む)
口腔内で病的部位を除去し直接修復する治療です。続きを読む

SAF(Self Adjusting File system)について

歯の根っこの先や、虫歯によって神経が死んでしまったり腐ってしまったりもしくは一度そういった治療を行ったけれど根が病気になってしまった時に行うのが根管治療(歯内療法)と言います。
歯内療法の基本がわかっていたのなら、現時点で最善と考えられる方法なのではないかと思っています。
続きを読む

続 インプラントをススメない理由

以前 インプラントをススメない理由 でインプラント周囲炎の話に触れました。今回は、それに関わる特に植立しないほうがよい患者さんの話です。続きを読む

最新が最善ではない。

『最新が最善ではない。』

近年『最新の治療が受けられます。』「最先端の治療が受けられます。」
という言葉をよく目にするようになりました。

とても魅力的な言葉にも聞こえます。

ただ、果たして最新の治療は最も良い治療法なのでしょうか?
続きを読む

衛生面(消毒)での取り組み

衛生面での取り組み

以前も
滅菌について書きましたが、当院では衛生面を徹底しています。続きを読む

衛生面(滅菌)について

滅菌、消毒、除菌、殺菌いろんな言葉ありますが、実際に何が違うかご存じでしょうか?続きを読む

スタッフの安全

治療用器具は、感染予防のために使い捨てられるものは使い捨てています。しかし、使い捨てられないものも存在します。そういった物はしっかり洗浄をした上で滅菌しなければなりません。

多くの医院が、洗浄を手洗いで行っています。その際、器具で怪我をしたりとスタッフの怪我や感染に繋がる可能性が一番高い作業です。
続きを読む

歯を失う前に

歯を失う理由はいくつかあります。

1.重度の歯周病により歯を支える骨がなくなったもの。
2.
歯根の周りに病気があり抜歯をして治療しなければならないもの。
3.
虫歯が深く歯茎の下まで進行したもの。
4.
歯が割れてしまったもの。 等です。

もし抜きたくないと思っているなら続きを読んでください。

続きを読む

歯を失ってしまったら

不幸にも歯を失ってしまった場合、歯の移植、ブリッジ、入れ歯、インプラントという治療法があります。続きを読む

なぜ滅菌にこだわってるか

『滅菌は愛だ』

といった人がいました。

自分の子供や両親に、病気になる可能性の有ると分かっている物を使いますか?使いませんよね。

続きを読む

MI(ミニマルインターベーション)

当院ではミニマル・インターベンション(MI:最小限の侵襲)という考え方に基づいた治療を行なっています。続きを読む

清潔な器具・衛生的な設備

最近、7割以上の歯科医院がドリル(タービン、コントラと言います)を使い回している。と読売新聞で取り上げられ問題となりました。当院では、専用の滅菌器を使い患者さん毎に洗浄、滅菌を行っております。またそれ以外の部分でも必要なものは、しっかり滅菌しております。当たり前のことを当たり前に行っていますので、安心してご来院ください。続きを読む

親知らずに関して

その親知らず抜かないほうがよいかもしれませんよ。


  
続きを読む

インプラントをススメない理由

1)身体に優しい治療?
2)インプラントは第二の永久歯?
3)インプラントはどれだけもつのか?
4)インプラントで注意しなければならない事続きを読む

歯質の保護

虫歯の直し方って実はいろいろとあります。
術者の時間を短く効率重視の方法
再発予防を考えてできるだけ歯の寿命を長くする方法
続きを読む

歯髄の保護

できるだけ歯の神経は取らずにすむならそれに越したことはないのです。
なので、守るために最大限の努力をします。
もしどうしても、取らなければならなくなったら感染予防や処置をしっかりすることがとても大事です。ここで、大きな差がつきます。
続きを読む

デンタルチェア(A-dec)へのこだわり

なぜ、うちはA-decのデンタルチェアを選んだか?
チェアなんて何でも同じじゃないんです。
選ぶに当たって大事な事が三つ。

1)
感染予防をしっかりしてるか。
)壊れずに長く使えるか。
)リラックスして治療にあたれるか。
続きを読む