歯周病は、歯肉の病気と思われがちですが歯を支える骨の病気です。

歯周病の前段階の歯肉炎であれば、正しい歯磨きによるプラークコントロールだけで治ってしまうものもあります。

しかし、
骨にまで炎症が波及した状態の歯周病では治る事はありません
市販のお薬や歯磨き剤も予防には役立つかもしれませんが、歯周病を治すことは出来ません。

そこで、歯周病の治療として私達が歯石除去・歯面清掃・歯周病手術を行います。けれども、患者さん自身が積極的に治療に参加(プラークコントロールやブラッシング等)しなければ治りません。歯科医師・歯科衛生士が出来る事は原因を取り除き、治りやすい環境を整え、維持する方法を教えることです。治るためにはその環境の維持の為にご自身で努力される必要があります。(注:一旦とけてしまった骨は元に戻ることはほぼありません。歯周病の進行が止まった状態を治ったと表現しています。)

また、一旦治っても環境の維持が出来なければ再発し悪化してしまいます。そのため、定期検診や定期的な歯石除去・歯面清掃も、実は再発予防の治療と考えることができます。