治療に当たっては、まず年齢に応じてトレーニングからはじめます。
嘘をついてだましたり、無理に抑え込んで治療する事は滅多にありません。(例外的に外傷や、急激な痛みがある等の緊急時には治療が優先されるので押さえる事もあります。)
小さなお子さんですと、不安で泣く。人見知りで泣く。お母さんが、お父さんがいなくて泣く。パニックで泣く。
泣く理由は様々です。泣きながら治療して終わったらケロッとして笑顔で帰ることもよくあります。

また小さいお子さんの場合、普段からお家で口の中を触る。歯医者さんごっこをするなど、トレーニングをして頂くと実際に来院した時にスムーズにお口の中を見せてもらえる事が多いようです。

ここで、
お願いがあります。

『今から歯を削って痛いよ〜』や『悪い子には注射するんだよ〜』


など
怖がらせたり、脅かしたりしないで下さい。

また、嘘をついて歯医者に連れてくることもやめてください

『◯◯に行こう』、『何もしないから』、『痛くしないからね』

などとは言わないようにしましょう。

『今から歯を治しに歯医者さんに一緒に行くよ』

などのさりげない簡単な知らせにとどめて来院するようにしてください。