キビキノ歯科医院

前歯の色が合っていない

こんにちは。
返信が遅くなりました。

上前歯が自然な色ではなく気になってしまっているということですね。

通常、歯の変色の原因として考えられるのは

・歯髄が失活(歯の神経が死んでいる)しているため黒く変色してしまった。

・詰め物の色があっていない。

・詰め物の範囲が広くて遮光性のある材料を使わなかったため、口の中の暗い影を拾ってしまう。

・修復した材料が経時的な変化をして暗くなってしまった。

などが予想されます。一つだけが原因であることもあれば、複数の原因で変色してしまっている場合もあります。基本的には原因を取り除いてあげて再発しないようにしてあげれば改善するものです。

それぞれ、実際に見てみないと判断がつきませんし場合によってはレントゲンを撮影しなければ判断できない場合もあります。

それぞれ治療法として

失活したことが原因ならば、
歯の漂泊を行い、色のあっていない詰め物(漂泊を行うと元々の詰め物の色が合わなくなります)をやり直す。という方法や、被せ物を行い他の歯の色に合わせると言った方法があります。

詰め物や修復材が原因であれば
修復材を適切に選択して、詰めなおしていくことによってほとんどの場合改善します。

心からの笑顔で笑える様になるといいですね。
直接みせていただければ、診断にもとづいた治療法も提案できると思います。

会って話きいてみたいなと思ったら、予約を取って下さい。いきなり治療をはじめたりってことはないので安心して下さい。時間に関しては、1730が最終受付になります。ほんの少し早引けしてもらうか、土曜日がお休みでしたら土曜日に来ていただくのが良いかと思います。

もう少しメールで聞きたいことがあるのよってことであれば、分かる範囲で答えますので遠慮せずにメールして下さい。

すぐの返信はあまりできないかとはおもいますが、できるだけ一週間以内には返信いたします。